筋トレや運動の目的により使い分けるプロテインサプリ

Published by: 0

筋トレサプリ
筋トレをするさいに必要な栄養素の代表でもある「たんぱく質」。筋トレをする人はたんぱく質と聞いただけで摂取しないといけない衝動にかられますよね。

もちろん、たんぱく質は筋トレをしない人にも必要な栄養素であり、高齢者の筋肉不足の解消にも筋トレやプロテインサプリを使用するケースもあります。

筋トレをたしなむ程度に行う人の一日に必要なたんぱく質は、ご自分の体重と同じ数のグラム数が必要とも言われています。

例えば体重が70kgの人であれば70gのたんぱく質が必要と言う感じです。対してボディビルダーのようにジム等で高負担の筋トレをし、筋肉を増大させるためには体重の2倍3倍のたんぱく質が必要とまで言われています。

食材から補えるたんぱく質(卵や鶏肉などに多く含まれている)ですが、体重と同じグラム数を食材から摂取出来ない場合に活躍するのがプロテインサプリです。

プロテインは和訳でたんぱく質を意味し、大豆や乳製品からとれるたんぱく質を粉状にしたものなどがプロテインサプリです。

筋肉を増大させたい場合にプロテインを摂取しますが、基本的にはどの種類でも良いのですが、ホエイプロテインという乳製品から作られるプロテインが筋肉増大時にはオススメです。

ホエイはカラダへの吸収も比較的早く、筋トレ後に飲むのに適しているプロテインと言われています。粉状のプロテインが多いので水筒などに入れ、ジム内でも飲めるので愛飲している方も多いです。

筋トレ後直ぐに飲まなくてはならないとまでは言いませんが、一般的に高負担のトレーニング後は非常に筋肉が疲労し、カラダはその筋肉を回復させようと働きかけます。

筋肉は疲労&回復を繰り返し、次回に同じような重量に耐えきれるよう筋肉を増大させていくのが筋トレの効果。そのときの回復に必要な栄養素がたんぱく質なので、吸収の早いホエイプロテインが効果的かといわれています。

対してマラソンやサッカーのように走ったりスタミナを要する際に効果的なプロテインがソイプロテインです。ソイプロテインは大豆を原料としており、スポーツだけでなく美容目的で摂取する女性も多く見かけます。

ソイプロテインは前述のホエイプロテインと比較すると、ゆっくりとカラダに吸収されます。また栄養素も多いため持久力を必要とするスポーツの栄養補助にもソイプロテインが用いられます。

もちろん筋トレ時に摂取してもたんぱく質には変わりが無いのですが、使い分けるとより効果的かもしれません。

例えばカラダを作り上げるまではホエイプロテインを、その後の維持や日常の栄養補給にはソイプロテインをというように用途によって気軽に摂取できるのがプロテインサプリの最大のメリットではないでしょうか。

リーズナブルで効果も絶大!筋トレするなら→おすすめ筋肉サプリメント